理事長あいさつ

D_0363

 平素は一般社団法人 神戸青年会議所(神戸JC)に対しご支援ご協力を賜わり、心から感謝申し上げます。私は、2013年度第55代理事長松田幸治と申します。

 新しい社会をリードするにふさわしい人材育成を目的として1915年にアメリカ・ミズーリ州の小さな青年活動グループから始まった青年会議所(JC)運動は、その活動が認められ、アメリカの社会的活動を担う主要な青年団体へと発展していきました。日本では1949年、明るい豊かな社会の実現を理想とし、責任感と情熱をもった青年有志による東京青年商工会議所設立から始まり、1951年には日本青年会議所(日本JC)が設けられました。現在、日本全国各地に青年会議所があり、それぞれが「修練」「奉仕」「友情」の三つの信条のもと、よりよい社会づくりをめざし、ボランティアや行政改革等の社会的課題に積極的に取り組んでいます。

 神戸JCは1958年5月16日、全国で143番目の青年会議所として誕生し、神戸を明るく元気なまちにするため、様々な事業や提言をおこなってきました。現在では、20歳から40歳以下の現役会員として236人が13の委員会にそれぞれ所属し、活動しております。

 55周年を迎える本年、神戸JCは、「未来へと続く希望の路に~創始の想いを胸に今~」をスローガンに、仲間とともに希望ある未来へつながる活動をおこないます。その活動については、このウェブサイトをはじめ、さまざまな機会を通して随時、情報発信をおこなってまいりますので、今後ともご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

一般社団法人 神戸青年会議所
第55代理事長 松田幸治