国際交流委員会 委員長所信

委 員 会 名 国際交流委員会
委  員  長 梶原 政美
副 委 員 長 鳥越 卓也
副 委 員 長 瀬合 孝一
運 営 幹 事 大和 一仁
会 計 幹 事 井上 直昭
07

委員長所信

現代社会は技術の進歩によりグローバルな情報交換が可能となりました。そうした時代だからこそ人と人との出会いからより深い交流にしていくことが非常に重要だと考えています。JCメンバーが様々な異文化に触れ合い、国際的な視点で交流をすることで、今までに創造することのなかった思考やアイデアが生まれ、グローバルなコミュニケーションができるようになります。

国際交流委員会は海外姉妹友好JCとの信頼関係を末永く未来に続く交流を促進します。中でも1975年から長きに渡るHJJCCとの交流は今まで築き上げてきた信頼関係や歴史を認識しながら次につながる新たな絆を深めていける事業の設営を目指します。世界会議、ASPACではグローバルな交流ができる機会をアピールし、神戸JCメンバーの参加意識促進に努めます。また、ASPACでのブース設営においては神戸の街の魅力を伝えるとともに、異文化交流はコミュニケーションが大切であることを認識していただける場とします。

9月例会では海港都市として発展してきた歴史をもち、多くの外国人が住む神戸の街がさらにグローバル化していく社会において、個々が国際人として活動しなければならないことを理解していただきます。そして神戸JCメンバーが異文化交流で必要なコミュニケーション能力の向上に役立つ例会とし、国際人としてのスキルアップにつなげます。

委員会運営においては、メンバー一人ひとりと直接触れ合う時間を多く持つことで、個々のおかれている状況を理解できる関係を築きます。そのようなコミュニケーションの場を大切にし、全ての活動の目的や趣旨を理解する事で委員会メンバー全員がお互いに思いやりを持ち、1年を通して楽しく活動し、真の友情を育みます。

委員会事業計画

・9月例会の企画、設営および実施に関する業務
・ASPAC(韓国、光州大会)に関する業務
・ASPACにおけるブース設営に関する業務
・世界会議(ブラジル・リオデジャネイロ大会)に関する業務
・海外姉妹JC(シアトルJC、シンガポール・シティJC、高雄JC)、海外友好JC(HJJCC)との交流に関する業務
・国際交流に関する地域の諸団体との連絡調整、および交流に関する業務
・国内交流委員会への支援