渉外委員会 委員長所信

委 員 会 名 渉外委員会
委  員  長 徐 博史
副 委 員 長 甲斐 健盛
副 委 員 長 齋藤 英明
運 営 幹 事 中神 龍
会 計 幹 事 稲岡 栄造
09

委員長所信

55周年を迎える神戸青年会議所は、これからも時代に必要とされる組織として在り続けるため、先輩諸兄が築いてこられた歴史と伝統を振り返るとともに、社会情勢の変化に適合した成長を遂げていく責務があります。渉外活動を通して、多くの方々に接する機会がある私たちが、長年にわたり築かれた数多くの功績を知り、その経験を見識として高めていくと同時に、次世代を担うメンバーに伝えていかなければなりません。

渉外委員会は、理事長をはじめとする執行部を補佐し、組織をより輝かせることに徹し、来神された皆様へは、再び神戸を訪れてくださるよう、心の機微にふれるおもてなしを行います。職務に対して、一人ひとりが、その意義と目的を理解することで、能動的な活動が引き出されます。常に一歩先を見た調整を行い、円滑且つ的確な渉外業務を行うことで、委員会の存在感を示していきます。

2月例会では、ALL KOBE JAYCEESの軌跡を振り返り、積極的な活動から生まれる「出会いと芽生えた友情」をクローズアップし、世代を問わず、仲間とのつながりが普遍的であることを意識していただきます。メンバー同士で育まれた友情こそがJCとしての魅力であることを感じていただき、今後の活動を有意義なものにする場にします。出向者支援会議との連携においては、会議体と密な連絡調整に努めることで、出向者の存在感を発揮していただく環境を整え、円滑な活動につなげる一助とします。

渉外活動では様々な方々との出会いが訪れます。職務として求められる、心遣い・コミュニケーションの機会が、貴重な経験となっていき、「形のない財産」として蓄積されていきます。それらをひとつでも多く委員会メンバーには持ち帰っていただく機会を作り、青年経済人としての資質を高める委員会運営をひたむきに行います。

委員会事業計画

・正副理事長、専務理事、常務理事、直前理事長、監事、顧問のアテンド業務
・2月例会の企画、設営および実施に関する業務
・特別会員との連絡調整に関する業務
・来神JCへの渉外に関する業務
・他団体との連絡調整に関する業務
・出向者支援会議との連携
・広報戦略委員会への支援