みなとまつり委員会

委 員 会 名 みなとまつり委員会
委  員  長 安部 守彦
副 委 員 長 新里 大輔
副 委 員 長 高橋 正仁
副 委 員 長 丸太 智行
運 営 幹 事 森田 諭
会 計 幹 事 早川 信二郎

委員長所信

神戸港は1868年の開港以来、諸外国の文化を取り入れる窓口となり異国情緒あふれるまち「国際都市神戸」の繁栄に大きな役割を果たしてきました。このかけがえのない財 産である港・海に感謝を捧げるという理念のもと、本年も「Kobe Love Port・みなとまつり」を開催いたします。4年後に開港150周年の節目を迎えるにあたり、先人たちの功 績に敬意を払い、未来に向け繁栄するまちと共に、みなとまつりをより一層盛り上げることが必要です。
本年度のみなとまつりは、港・海とともに繁栄してきた神戸の魅力や誇りを前面におしだし、人の輪が広がり、笑顔が溢れるまつりを展開します。市民・行政・各種団体の皆様と従来よりも早期に綿密な打ち合わせをおこなうことにより参画意識の向上を促し、神戸JCメンバーだけのアイデアで企画するのではなく、共にまつりを創り上げていきます。 広報戦略においては、ホームページ、SNSを積極的に活用し、メディア関連企業の能力 を十分に発揮できるよう連携を図り、世代を超えて広く周知することで、参加促進につながる広報活動をおこないます。協賛アイテムの作成では、皆様のニーズに対応し、柔軟かつ効果的な手法を提案することにより、永続的に開催されることの重要性や開催趣意をご理解いただき、多くのご支援を募ります。みなとまつりは1委員会だけでおこなう事業ではありません。連絡調整会議を最大限に活用し、他委員会との意思疎通を図り、適切な役割分担を明確に伝え、神戸JCが一丸となって開催する士気を高めます。また実行委員会では、リーダーシップを発揮し参画団体との調整をおこない、スムーズな運営をめざします。
みなとまつり委員会は個々の役割を明確にし、活発な意見交換を通じて多くの時間を共有することでお互いに刺激し合える環境を作ります。そしてどのような困難にも立ち向かい、その壁を乗り越えることによってえられる喜びを共有し、メンバーの友情を育み生涯の思い出となる委員会運営に取り組みます。

【委員会事業計画】
・みなとまつり協賛アイテム作成に関する業務
・みなとまつりに関する企画、設営、実施に関する業務
・みなとまつりに関する広報媒体との連携に関する業務
・みなとまつりホームページ運営に関する業務
・みなとまつりへの参画団体募集に関する業務
・みなとまつり支援企業募集に関する業務
・みなとまつり支援企業、関係機関および団体との連絡、調整に関する業務
・みなとまつりに関する広報活動および事業報告書作成に関する業務
・みなとまつり連絡調整会議ならびに実行委員会の運営に関する業務
・みなとまつりの振興、その他に関する業務
・7月例会の企画、設営および実施に関する業務
・まちの未来確立委員会への支援