財務規則委員会

委 員 会 名 財務規則委員会
委  員  長 田中 宏昌
副 委 員 長 坂本 和穂
副 委 員 長 南 嘉邦
運 営 幹 事 金山 寛保
会 計 幹 事 加藤 憲一郎
田中宏昌

委員長所信

「明るい豊かな社会」の実現をめざして活動を続ける神戸青年会議所には、その実現へ と導く洗練された組織運営の仕組みがあり、55年間途絶えることなく受け継がれてきま した。この仕組みのなかには今日まで続くJC活動の基盤となる財務・規則面の健全化を 図りながら組織や事業の透明性を明確に示すものがあります。先輩諸氏が築き上げてきたこの軌跡を継承しつつも、時代の変化に対応し常に成長し続けることが必要不可欠です。
神戸JCはメンバーからの会費やJC運動にご賛同していただいた方々からの収入を、 事業活動において効率的に活用し有益なものにしなければなりません。そのため神戸JC がおこなうすべての事業目的が実現することをめざし、厳正なる財務規則審査会を実施します。目的達成にむけた事業計画がもたらす効果を最大限に引き出し、滞りなく事業が実施できるよう担当委員会とのコミュニケーションを大切にし、共に確認します。財務面においては事業予算の支出に対して妥当性を精査し、さらに事業実施後の検証をおこない次代へとつなぎます。規則面では知的財産関係諸法令の遵守を促し各種権利の侵害がないかを確認のうえ、事業活動を後押しします。事業を創り上げていくうえで必要となる事務局備品については各事業にて無駄なく使用できるよう管理します。また、全国大会のブース出展においては神戸がもつ魅力を存分に体感して喜んでいただくことにより全国から集まった多くの方々に神戸の存在感を広く周知する企画設営をします。
委員会運営にあたっては各メンバーの役割分担を明確にし、さまざまな議案に携わることにより、組織の中枢を担う役割に誇りをもって活動します。またメンバー同士が切磋琢 磨できる場を設け参加しやすい運営をおこないます。メンバー同士が苦楽を共にし、助け合うことによりその想いを互いに共有します。そして輝く未来へとつながる人財へと成長できる、実りある1年とします。

【委員会事業計画】
・財務規則審査会の運営に関する業務
・コンプライアンスに関する業務
・各事業で使用される事務局備品の管理に関する業務
・会議運営の合理化且つ有効なシステムの研究および実施に関する業務
・会費等の徴収に関する業務
・日本JC全国大会(松山大会)におけるブース設営に関する業務
・総務委員会への支援