例会委員会

委 員 会 名 例会委員会
委  員  長 林 英伸
副 委 員 長 灘 勝也
副 委 員 長 森川 真
運 営 幹 事 祐谷 瑞穂
会 計 幹 事 畑中 宏之

委員長所信

 神戸青年会議所は、「明るい豊かな社会」を実現すべく、先輩諸氏が不断の努力のもと様々な活動を実践してきたことで、まちづくり、ひとづくりに寄与する団体として発展してきました。私たちは、その歩みをとめることなく、組織としての足並みをそろえ次代へと引き継いでいかなければなりません。そのためには、メンバー一人ひとりが例会へ積極的に参画し、資質の向上に励み、活動を推し進めていく強固な組織を築き上げる必要があります。
 本年度の例会では、メンバーにとって有意義なものとするため、各委員会との連携を図り、情報共有を密にするとともに、礼儀礼節を重んじ、規律を遵守した運営に努めます。また、さらなる出席率の向上とメンバーの一体感を生み出すために、例会への参加意欲を促進する手法を検討し実施します。新年互礼会では、ご来場いただいた方々に本年度の神戸JCの活動方針をご理解いただくべく、理事長基本方針を印象強く発信します。また、メンバー一体となったおもてなしにより日頃からの神戸JCへの賛助に対する感謝の意を表するとともに、交流を深めお互いの理解を促進する機会とします。さらに、広く市民の方々へも活動を発信し、神戸JCの認知度向上を図ります。6月例会では、兵庫県知事をお迎えし、私たちが描く神戸のよりよい未来を実現するための施策を県政へ提案し、神戸JCがまちづくりにとって欠かせない組織であるとの認識をさらに深めていただきます。また、メンバー一人ひとりが責任世代として自分たちに何ができるのかを考え実践していくため、当事者意識を高めます。
 例会委員会は、メンバーそれぞれが例会や基本運営の重要性を深く受け止め、自己研鑽を積む貴重な機会であることを認識し、積極的に職務の遂行にあたります。また、同じ志をもって切磋琢磨し合うことで、互いに思いやり尊重する気持ちを育み、かけがえのない友情や経験をえる一年とします。

【委員会事業計画】
1.例会基本運営の作成に関する業務
2.新年互礼会の招待状、礼状の作成および発送に関する業務
3.新年互礼会の企画、設営および実施に関する業務
4.6月例会の企画、設営および実施に関する業務
5.会員の義務である例会への出席率向上を図る手法の調査・研究、および実践に関する業務
6.研修委員会への支援