研修委員会

委 員 会 名 研修委員会
委  員  長 谷口 聖
副 委 員 長 永川 大介
副 委 員 長 増永 大輔
運 営 幹 事 山本 範宗
会 計 幹 事 濱田 篤宏

委員長所信

 神戸青年会議所は「明るい豊かな社会」の実現をめざし、先輩諸氏が時代に即したまちづくり・ひとづくりに取り組んできました。連綿と受け継がれてきたこの活動を未来へとつなぐためにもメンバーの資質向上が必要となります。JC活動には仲間と共に互いを高め合う機会が数多く存在します。しかしながら、メンバーの多くはこの恵まれた環境を活かしきれていないのではないでしょうか。この機会を活かすには自らが当事者意識をもって、率先して行動する必要があります。
 私たちはJC活動の中で、様々なメンバーと交流しコミュニケーションを交わします。より円滑な人間関係を構築するには質の高いコミュニケーション能力が求められます。本年度、研修委員会は研修事業ならびに、担当例会を通じてメンバーが能動的に活動するための一助となる、相乗的なコミュニケーション能力の開発に努めます。まず、3月の研修事業では、青年経済人に求められるコミュニケーション能力とは何かを考え、現状の自分を見つめなおす機会とし、自身に足りない能力を明確にします。次に、6月の研修事業では組織としてより大きな成果がえられる手法の一つであるチームビルディングについて学びます。個々の能力よりも、チームとして活動することでえられる相乗効果を実感できる研修内容とします。最後に、8月例会では研修事業での学びからえた効果の検証と成果発表の場とし、それぞれの学びをメンバーで共有します。そしてこの例会を通じて神戸JCメンバーが青年経済人に求められる資質の向上に努めます。
 研修委員会は、事業・例会をつくる過程で育まれる友情を大切にする委員会運営をおこないます。メンバー全員が個々の意見を率直にいえる環境を作り、積極的に参画できるように努めます。また、委員会での職務を明確にし、一人ひとりが責任と自覚をもち、委員会活動に参画することでメンバー個々の成長へとつながる委員会運営をめざします。

【委員会事業計画】
1.8月例会の企画、設営および実施に関する業務
2.会員の資質向上にむけた研修業務(3月、6月)
3.例会委員会への支援