みなとまつり委員会

委 員 会 名 みなとまつり委員会
委  員  長 高田 光幸
副 委 員 長 大澤 領介
副 委 員 長 上根 彩
副 委 員 長 福田 大祐
副 委 員 長 杢保 諭
運 営 幹 事 福岡 衛
会 計 幹 事 伊藤 正宣

委員長所信

 私たちのまち神戸は開港149年目を迎え「海・港」を中心に様々な外国文化を取り入れながら国際色豊かに発展してきました。恵まれた自然環境を活かし、世界中の文化を取り入れることのできるまちを創り上げた「海・港」に感謝し、地域交流の場を創出するために「Kobe Love Port・みなとまつり」は始まり、昨年は来場者も延24万人を超える規模へと拡大し、本年度もこの拡大の流れを継承していく必要性があります。
 第15回を迎える本年度は、先輩諸氏が積み上げてきた想いを継承し、次代へと繋がる新たな挑戦をおこなうために、「記憶に残るまつり」を柱とした活気に満ちたまつりを、関係諸団体と一丸となり構築します。多くの方々にみなとまつりの雰囲気を事前に知っていただき、ご参加いただけるようにホームページやSNSを積極的に活用します。またメデ ィア関連企業とも密に連携を図り、世代を超えた幅広い市民の方の参加促進に繋がる広報 活動をおこないます。協賛アイテムの作成では従前に加え、企業のニーズに応じた効果的 なアイテムを熟考し、柔軟かつ効果的な手法を提案することにより協力を募ります。同時に生活に密着した場面や各世代の方々に周知していただける場所に、みなとまつりの広報 物を配置し、認知度を確かなものとします。みなとまつりは他委員会との意思疎通を図り、明確な職務分担をおこない、神戸JC全メンバーで取り組みます。また共催者との連絡調 整会議や実行委員会を通して参画団体との調整をおこない、より地域に必要とされるまつりを築きあげます。
 みなとまつり委員会は個々の役割を明確にし、目的達成のために挑戦し続け、能動的に活動をおこなえる環境を設け、できないという固定観念を捨て、記憶に残るまつり創りに向けて一丸となることで、委員会メンバーの友情を育みます。私自身、気概と覚悟をもって先頭に立ち行動で示します。委員会メンバーにとって生涯の想い出となる1年とするために。

【委員会事業計画】
・みなとまつり協賛アイテム作成に関する業務
・みなとまつりに関する企画、設営、実施に関する業務
・みなとまつりに関する広報媒体との連携に関する業務
・みなとまつりホームページ運営に関する業務
・みなとまつりへの参画団体募集に関する業務
・みなとまつり支援企業募集に関する業務
・みなとまつり支援企業、関係機関および団体との連絡、調整に関する業務
・みなとまつりに関する広報活動および事業報告書作成に関する業務
・みなとまつり連絡調整会議ならびに実行委員会の運営に関する業務
・みなとまつりの振興、その他に関するすべての業務
・7月例会の企画、設営および実施に関する業務
・広報戦略特別委員会への支援