会員開発特別委員会

委 員 会 名 会員開発特別委員会
委  員  長 日野 哲志
副 委 員 長 安西 輝貢
副 委 員 長 大原 成剛
副 委 員 長 高橋 寿輝
副 委 員 長 向坂 里美
運 営 幹 事 中山 大介
会 計 幹 事 松井 晶

委員長所信

 地域を取り巻く状況が日々変化するなか、神戸青年会議所の先輩諸氏は、過去57年もの間、常に時代の先を見据えながら、若いメンバーの力を集結して運動に取り組んできま した。私たちがこの系譜を受け継ぎ、将来にわたって、意気あふれる若い力に満ちた団体であり続けるためには、私たちと目的を共有し、運動に新しい活力を与えてくれる人財を迎え入れ、新たな挑戦に取り組んでいかなければなりません。
 入会希望者募集においては、神戸JCの魅力を伝えるため、活動内容や組織概要などを紹介し、JC運動を通じて、深い友情やかけがえのない経験が得られることを理解してもらえる募集ツールを作成します。2月例会では、他LOMの会員開発の成功事例を調査・分析し、神戸JCの会員開発制度を客観的に見つめ直し、提案をおこなうことで、会員開発に対する当事者意識を共有します。入会インフォメーションでは、入会希望者に対してJAYCEEとしての心得について説明するとともに、神戸JCがこれまでまちづくりや人づくりに取り組んできた成果を伝え、これからの運動に対する期待をもってもらいます。その後のトレーニングプログラムは、JCの三信条である修練・奉仕・友情に沿ったものとします。セミナーへの参加や課題への挑戦を通じて、本入会することで、多くの仲間と深い絆を築けること、そして、自分自身のさらなる飛躍に対する期待感をもってもらいます。11月例会では、1年間の全メンバーの運動を振り返り、本年の挑戦と継承の成果を報告します。新入会員にも例会準備に参加してもらい、神戸JCでの事業設営の学びの機会とします。
 会員開発特別委員会のメンバーは、親しみと憧れをもてる青年経済人として、入会希望 者の道しるべとなります。全メンバーが個性を発揮し、互いに認め合いながら1年間の運動に取り組んでいくことのできる環境をつくり、楽しみだけではなく苦しみも分かち合える深い絆を築きます。

【委員会事業計画】
・組織の根幹である会員を増やすことを目的とした業務
・入会希望者募集ツールの作成に関する業務
・在神企業における入会希望者の状況把握および勧誘に関する業務
・入会インフォメーションの企画、設営および実施に関する業務
・入会希望者に対するトレーニングプログラムの作成および実施に関する業務
・2月、11月例会の企画、設営および実施に関する業務
・その他、会員開発に関するすべての業務
・例会委員会への支援