1958-2018 ALL KOBE JAYCEES 60TH
26/64

■ シティー・ループバス運行開始1984年、神戸JCは、新国際都市神戸の創造に取組み、訪れたくなる街・神戸の創造に関して討議を繰り返し、試行錯誤の末、夢とロマンのある交通手段としてサンフランシスコの街を走るケーブルカーを神戸の街に走らせようと企画しました。ケーブルカー型バスは当時の運輸省の規格外であることで、日本で走行可能な車両設計・イニシャルコスト・行政との折衝・運営の主体・運営コスト・運賃収入・走行ルート・交通事情を研究し、1998年レプリカを作成し、1990年4月に運航を開始しました。1990年 4月シティー・ループバス■ 創立30周年記念大懇親会「春・爛・漫・祭」内部向けの式典としてOB・現役メンバーの大同窓会が行われました。論語の「30にして立つ」という言葉にあやかり、「神戸JCも30歳でいわば人生の春」ということで「春・爛・漫・祭」と命名しました。満開の桜の下でお花見をとの趣向で、30周年の歩みを披露し、発足メンバーの昭和33年生まれ7人衆による出し物や女組のお披露目など、賑やかなアトラクションも行われました。1988年 4月■ ケーブルカー型バス、 デモンストレーション走行サンフランシスコのケーブルカー型バスを借用し、1月7日~16日までの10日間、大丸前より北野までデモンストレーション走行を実施しました。1984年 1月25

元のページ  ../index.html#26

このブックを見る