委員長所信

例会研修委員会
下西 隆一

 神戸青年会議所は、「明るい豊かな社会」を実現すべく、先輩諸氏の想いを受け継いで、様々な活動に取り組み、まちづくり、ひとづくり、に寄与する団体として発展してきました。私たちは、その想いを次世代へと繋げ、さらなる発展に結びつけなければなりません。そのために、メンバー一人ひとりが積極的に例会や研修に参加し、青年経済人としての資質の向上を図るとともに、団結力を高めて強固な組織を築く必要があります。

 例会では、礼儀礼節を重んじた規律正しい運営と、例会の意義・目的を共有できる運営をおこなうことでメンバー全体の資質向上を図ります。また、例会研修委員会の中から、委員会ごとに担当メンバーを配置し例会出席を直接促すことで、例会出席率の向上を図ります。4月例会は入会希望者が参加するはじめての例会となるため、青年経済人として実践で役立つスキルが身につく例会を開催することで、神戸JCの魅力を伝えます。また、メンバー個々のスキルアップを図り、社業やJC運動に活用してもらいます。研修事業では、JCIプログラムを導入し研究することで、参加メンバーに多くのJC運動に関する知識を深める機会を提供し、神戸JCの組織力強化をおこないます。また、会員拡大特別委員会と協力して、入会希望者に対し神戸JCの魅力が伝わるトレーニングプログラムを作成します。12月例会では、神戸JCの一年間を振り返って思い出を共有し、みなとまつり特別委員会と協力して、メンバーや家族、卒業生にとって記憶に残る設えを作りあげます。

 例会研修委員会は、一年間「成長」をテーマとして例会・研修事業に取り組みます。メンバー全員が事業の目的と各自の役割を認識し参画することで、メンバー個々の新しい能力を発見し磨き上げ、個人の資質向上を図ります。そして、楽しむところは楽しみ、厳しいところは厳しく、メリハリのある委員会運営を行い、青年経済人としてともに成長できる一年にします。

委員会事業計画

  • 4月、12月例会の企画、設営及び実施に関する業務
  • 例会基本運営の作成に関する業務
  • 会員の義務である例会への出席率向上を図る手法の調査・研究、及び実践に関する業務
  • その他、例会に関するすべての業務
  • 会員の研修プログラムに関するすべての業務
  • 入会希望者に対するトレーニングプログラム作成に関する業務への支援
  • 会員拡大特別委員会への支援
委員長 下西 隆一
副委員長 辻 清吾
副委員長 宮本 圭
運営幹事 村田 優貴
会計幹事 増永 大輔

委員会一覧はこちら

– Contents -ピックアップコンテンツ

  • 委員会紹介
  • 新入会員募集
  • 公式LINE