委員長所信

渉外委員会
青木 雄也

 神戸青年会議所が、60年という歴史を積み重ねてくることができたのは、文化や風習が時代とともに変化していく中で、失敗を恐れずに変革し続けてきたからであります。そして本年も新たな一歩を踏み出し、より時代に即した組織へと転移していくために、基盤を強固なものとし、組織を牽引する執行部が円滑に職務を遂行できるように、環境を整える必要があります。

 渉外委員会は、執行部が安心して職務に専念し、より効果的な活動をおこなえるよう、最新の情報を取得し、報告・連絡・相談を徹底することにより、行き届いたサポートと、能動的なアテンド業務を実現します。特別会員・他LOM・関係諸団体の多くの方と接する機会が多いため、身だしなみや言動に配慮し、相手を慮る姿勢で対応します。そして、姉妹・友好JCが来神される際には、相手LOMとの綿密な情報の交換・共有をし、スムーズなアテンド業務だけでなく、先を見据えた丁寧なおもてなしで接遇します。3月例会では、普段経験することの少ない体験型例会を企画、設営することにより、家族との絆やメンバー間の交流を深めていきます。参加した家族の思い出に残るものにするとともに、よりJC活動に対しての理解や協力をしてもらえる機会を創出します。兵庫ブロック大会三木大会においては、会場に足を運んでもらうきっかけのひとつとなるよう、神戸の魅力を創造するブースを設営します。また、JC運動発信委員会への支援は、対外事業での撮影業務など、委員会の枠を超えた横断的サポートをおこないます。

 渉外委員会では、一人ひとりが責任を感じ、メンバーの模範になるよう高い意識をもち、組織の一歩先の先導役となるよう渉外業務に邁進します。常に相手の気持ちを思いやり、助け合いながら信頼される委員会になるよう運営をおこないます。かけがいのない仲間たちと一致団結して困難に立ち向かい、乗り越えて、崩れることのない友情関係を築いていきます。

委員会事業計画

  • 3月例会の企画、設営及び実施に関する業務
  • 正副理事長、専務理事、直前理事長、政策顧問、監事、外部監事の渉外業務
  • 兵庫ブロック大会三木大会におけるブース設営に関する業務
  • 来神JCへの渉外に関する業務
  • 京阪神三都市正副理事長会議に関する業務
  • 特別会員との連絡調整に関する業務
  • 他団体との連絡調整に関する業務
  • JC運動発信委員会への支援
委員長 青木 雄也
副委員長 岸田 千也
副委員長 下川 貴也
運営幹事 北村 幸輝
会計幹事 買手 正理

委員会一覧はこちら

– Contents -ピックアップコンテンツ

  • 委員会紹介
  • 新入会員募集
  • 公式LINE