委員長所信

60周年事業推進委員会
小西 毅

 創立60周年を迎える神戸青年会議所は、質実剛健の精神のもと、神戸のまちに明るい豊かな社会を築くことをめざし、時代に即した様々な運動を展開してきました。そして、今、神戸のまちは若年層の流出による人口減少や地域社会の希薄化による防災対応能力の低下などの社会問題に直面しています。我々は、先輩諸氏の想いと偉大な功績を承継し、神戸のまちが抱える社会問題を解決に導く新たな運動を展開していくことが必要です。  まずは、学生と在神企業が繋がる機会を創造するために、新たな年間事業を神戸JC全体で展開します。学生に対して神戸で働く魅力を最大限発信してもらうために、在神企業には社会的役割や組織の在り方を改めて検証していただき、意識変革を促す働きかけをします。また、学生には、神戸で働くことの魅力を感じてもらい、在神企業で働く意義を理解してもらう機会を設けます。そして、若年層の流出による人口減少を防ぐために、在神企業と学生が一体感を共有し、新たな絆を紡ぐことができる事業を開催します。また、我々現役メンバーが、神戸のまちが抱える社会問題と向き合い解決していくために、問題を理解して主体的に取り組む重要性を考える8月例会を開催し、今後の運動につなげます。さらに、地域との繋がりを深化させ、安全で安心な神戸のまちをより強固にするために、福祉団体と防災協定を締結します。そして、60周年という一年の歩みをALL KOBE JAYCEESで共有するとともに、メンバーを労い、卒業生の想いを次年度に引き継ぐ12月例会を開催します。  60周年事業推進委員会は、失敗を恐れず新たな挑戦をする楽しみと喜びを感じ、人と人とが繋がる魅力であふれた未来の「神戸をつくる感動」をメンバー全員で共有します。メンバー各人が与えられた役割を全うし、互いに尊重し合って、ときには厳しく本音で語り合える絆を育み、一生の繋がりをもった委員会運営をおこないます。

委員会事業計画

  • 60周年記念事業の企画、設営及び実施に関する業務
  • 60周年記念事業連絡調整会議の運営に関する業務
  • 8月例会、12月例会の企画、設営及び実施に関する業務
  • 地域との防災協定に関するすべての業務
委員会名 60周年事業推進委員会
委員長 小西 毅
副委員長 青木 弘樹
副委員長 宗宮 朋之
運営幹事 飯田 浩也
会計幹事 林 修平

委員会一覧はこちら

Pick UP

  • 委員会紹介
  • 新入会員募集
  • 公式LINE