渉外委員会

渉外委員会
委員長鈴木 邦彦

委員長所信

 誕生から59年を迎える神戸青年会議所は、連綿と続く歴史のなかで幾多の困難を乗り越え数多くの偉業を成し遂げてきました。我々は、これまでの神戸JCの活動を先輩諸氏から受け継ぎ進化させることで、これからも地域発展に貢献し続けなくてはなりません。そして、その実現のためには、組織の職務執行が円滑におこなわれるようサポートする役割が必要です。

 渉外委員会は、組織を導く執行部の職務が万全の準備のもとおこなわれるように、事前の情報収集を怠らず、常に正確な情報をメンバー間で共有して職務執行を補佐します。そして、他LOMや各種団体、先輩諸氏との渉外活動では礼儀礼節を弁え一期一会の精神で誠意を尽くし行動します。出向者支援は神戸JCを代表して各会議体で活躍する出向者との連絡調整を密におこない、その意義や目的をLOMメンバーに伝えるとともに、出向者のおこなう事業への積極的な参加を促します。2月例会は、スポーツをとおしてメンバー間のコミュニケーションをはかることで互いに絆を深め、組織の結束力強化に繋げる機会とします。第33回全国JCサッカー選手権大会(神戸大会)は、我々が陣頭に立ち神戸JCメンバー全員で連携して本大会を成功に導くことで、現役・先輩・LOM間の垣根を越え、大会趣旨「サッカーを通じてフレンドシップを築く」を実現します。そして、一年間の活動が組織と神戸JCメンバーを支える土台としての役割を担うことで、神戸JCブランドを対外へ発信する一助になるよう一丸となって取り組みます。

 渉外委員会では、多くの方々との交流から得られる学びや気づきを一人ひとりの資質の向上に活かすだけではなく、メンバー全員でその機会を共有できるよう、一致団結して邁進します。また、積極的に事業に参加してもらう状態をつくるため、メンバー同士が対話する時間を多くもち、風とおしのよい環境を整えることによって、笑顔の絶えない一年間にします。

委員会事業計画

  • 正副理事長、専務理事、常務理事、直前理事長、特別顧問、外部監事、監事の渉外業務
  • 京阪神三都市正副理事長会議に関する業務
  • 特別会員との連絡調整に関する業務
  • 来神JCへの渉外に関する業務
  • 他団体との連絡調整に関する業務
  • 出向者支援会議との連携
  • 2月例会の企画、設営及び実施に関する業務
  • 第33回全国JCサッカー選手権大会(神戸大会)の運営及び設営に関する業務
委員会名 渉外委員会
委員長 鈴木 邦彦
副委員長 菅 圭市
副委員長 久保 直也
運営幹事 岡本 浩司
会計幹事 佐藤 祥徳

TOPへ