財務規則委員会

財務規則委員会
委員長鳥井 隆史

委員長所信

 神戸青年会議所は、設立より58年もの間、地域社会に貢献してきました。その活動を支えるために、社会の変化に応じた組織運営の仕組みを、先輩諸氏により受け継いできました。その中には、JC活動の基盤となる、財務面・規則面の健全性を維持するための厳格な審査機関があります。この審査機関を継承した上で時代の変化に対応して運営することは、神戸JCが地域で必要とされ続ける組織であるために必要不可欠です。

 財務規則委員会は、財務規則審査会を定期的に開催し、メンバーからの会費や事業活動にご賛同いただいた方々からの貴重な協賛・助成等の収入の用途を確認する他、事業活動が予算に基づき適正に執行されたかを検証します。また、各種ガイドラインへの適合を要請します。そのために、担当委員会との意見交換を重ね、財務面・規則面の観点から助言をおこない事業活動をサポートします。そして、事業実施のために必要な事務局備品を効率よく使用するための管理や、会議運営を円滑に実施するための研究・実行に努めます。サマーコンファレンスでは、日本JCの運動を広く発信するフォーラム・セミナーに多くのメンバーに参加していただくことで出向者の労をねぎらいます。また、メンバー同士が絆を深めることができるLOMナイトの企画・設営をおこないます。事業報告書については、一年[漢数字統一]間のメンバーの活動を記録し振り返ることで、将来への有益な引き継ぎ[理事長基本方針に合わせました]資料となるように内容の充実を図ります。

 財務規則委員会は、委員会メンバーが自分達の役割の重要性を深く理解し、その担いに対し誇りをもって行動することを心がけます。そして、互いに敬意を払い個性を理解することで、メンバー同士の絆を深めていきます。さらに、各委員会の想いがつまった様々な事業に積極的に参加し経験や感動を積み重ね、楽しい時間を多く共有することで、笑いの絶えない友情溢れる委員会となるように全力で取り組みます。

委員会事業計画

  • 京都会議への参加促進、交通宿泊、LOMナイト実施に関する業務
  • 日本JC全国大会(埼玉中央大会)への参加促進、交通宿泊、LOMナイト実施に関する業務
  • 国内友好JC(長崎JC、横浜JC、徳島JC)との交流に関する業務
  • 近畿地区大会(尼崎大会)に関する全ての業務
  • 国内交流に関する地域の諸団体との連絡調整及び交流に関する全ての業務
  • 国際交流委員会への支援
委員会名 財務規則委員会
委員長 鳥井 隆史
副委員長 大久保 和則
副委員長 富永 竜一
運営幹事 大西 理
会計幹事 向坂 里美

TOPへ