国際交流委員会

国際交流委員会
委員長林 修平

委員長所信

 神戸のまちは、今年で開港150年を迎える神戸港を貿易の窓口として国際的な発展を遂げてきました。国際交流人口の増加やコミュニケーションが多様化する中で、我々は、青年経済人として、時代に応じた視点をもち、交流を深めることで神戸のまちの明るい未来の実現に貢献しなければなりません。様々な変化と進化を遂げていく中、今必要とされている交流とは何なのかを、今一度考え直さなければなりません。

 国際交流委員会は、一期一会の出会いの機会を大切にし、細やかな気配りを心がけることにより、それぞれの事業にストーリー性をもたせ、メンバーの心に刻むことができる交流とします。そして、卒業後も続く友情を育める機会にします。5月例会では、神戸JC設立60周年を、さらに結束力のある組織として迎えるために、メンバー同士の絆をより深くするべく、心が行き交う交流ができる機会を創出します。ASPAC(ウランバートル大会)では、海外での交流が、メンバー同士の絆を深める機会であると共に、貴重な自己研鑽の場であることを発信し、積極的な参加を促します。世界会議(アムステルダム大会)では開催の意義やJCIの活動内容を、わかり易く伝えます。今年で42年目を迎えるHJJCCとの交流では、互いの文化をより深く理解することで、育んできた友情の尊さを再認識します。伝統を尊重しつつ、現代のコミュニケーションツールを活用し、先輩諸氏から受け継いできた絆と新たに生まれる友情を紡ぎ、未来へと継承していくことで、交流の歴史と大切さをメンバーに伝えます。

 国際交流委員会では、事業をとおして交流のすばらしさと重要性を学びながら、委員会メンバーそれぞれが、一期一会の出会いを大切にし、尊重しあえる関係を築きます。メンバー全員が一つとなり、切磋琢磨しながら全ての事業に楽しんで参加することで、忘れられない想い出をつくると共に、生涯続く友情を育みます。

委員会事業計画

  • 5月例会の企画、設営及び実施に関する業務
  • ASPAC(モンゴル ウランバートル大会)に関する業務
  • 世界会議(オランダ アムステルダム大会)に関する業務
  • 海外姉妹JC(シアトルJC、シンガポール・シティJC、高雄JC)
  • 海外友好JC(HJJCC)との交流に関する業務
  • 国際交流に関する地域の諸団体との連絡調整、及び交流に関する全ての業務
  • 国内交流委員会への支援
委員会名 国際交流委員会
委員長 林 修平
副委員長 堀内 雄樹
副委員長 南 和孝
運営幹事 増永 大輔
会計幹事 梅村 剛史

TOPへ