会員拡大特別委員会

会員拡大特別委員会
委員長平山 晶勝

委員長所信

1958年5月、51人のメンバーによって設立された神戸青年会議所は、58年の歳月を経て200人を超える組織に成長しましたが、近年叫ばれている会員数減少の懸念を軽視することはできません。先輩諸氏から「質実剛健」の精神とともに受け継がれてきたこの組織が、地域の牽引役として輝き続けるためには、今一度、会員拡大の手法を見直し組織の中心となりうる新たな人財を発掘し、育成することが必要不可欠です。

会員拡大特別委員会は、拡大活動でより一層の成果をあげるべく、新たな試みを実践します。入会希望者募集要項においては、従来のものに加え、新たな手法を用い例年以上の拡散効果をめざします。会員拡大推進会議では、拡大活動の重要性を神戸JC全メンバーに認識していただき、「全員で拡大」の意識向上を図ります。また、各委員会に協力を要請し、組織的に拡大活動をおこなえる体制を確立します。入会インフォメーションでは、入会希望者に神戸JCの理念や活動目的の素晴らしさを理解していただき、我々とともに活動したいと感じていただける動機付けの場とします。トレーニングプログラムではJC運動を体感していただけるカリキュラムを導入し、入会希望者が一緒に汗を流し切磋琢磨することで友情を育み、一致団結できるような構成とします。11月例会では、新入会員も設営に参加し、全委員会の一年間の活動の成果を報告します。活動を皆で振り返ることで、JC運動を通じて得ることのできた経験や気づきを神戸JC全体で共有します。

会員拡大特別委員会は、「全員で拡大」をスローガンに、与えられた職務が組織の根幹を担っているということを委員会メンバー一人ひとりが自覚し、誇りと気概をもって拡大活動に取り組みます。そして、出会いと学びを大切にした活動を通じて、委員会メンバー全員が、この仲間たちに出会えてよかった、この委員会メンバーと活動できてよかったと心から感じられる一年とします。

委員会事業計画

  • 組織の根幹である会員を増やすことを目的とした業務
  • 入会希望者募集ツールの作成に関する業務
  • 在神企業における入会希望者の状況把握及び勧誘に関する業務
  • 会員拡大推進会議の企画、設営及び実施に関する業務
  • 入会インフォメーションの企画、設営及び実施に関する業務
  • 入会希望者に対するトレーニングプログラムの作成及び実施に関する業務
  • 11月例会の企画、設営及び実施に関する業務
  • その他、会員拡大に関する全ての業務
  • 青少年育成事業への支援
委員会名 会員拡大特別委員会
委員長 平山 晶勝
副委員長 小西 毅
副委員長 増田 憲太郎
副委員長 松井 晶
副委員長 松田 英治
運営幹事 西村 和則
会計幹事 福田 大祐

TOPへ