2017年度 一般社団法人神戸青年会議所 室方針

室 名: 会員・広報室
室長(担当常任理事): 髙﨑登央

 昨今では、「地方創生」・「人口減少」・「少子高齢化」が全国的に叫ばれています。神戸青年会議所は、大都市を担うLOMとして、変革を起こすことが必要とされています。そのため、神戸で人を惹きつける魅力を生み出し、発信していかなければなりません。だからこそ、他の都市や地域の良さを学び、市民、行政、各種団体と連携し、新たな神戸の魅力を発信することが必要です。いまこそ、意識を変革した我々JAYCEEの力が求められています。

 例会委員会では、先輩諸氏の築かれてきた伝統と格式を胸に、メンバーの青年経済人としての規律ある行動を促すとともに、各委員会の担当例会の実施に対して支援を行います。そして例会参加者の意識変革及び資質向上のため、各例会の意義や目的を共有出来る場を提供し、少しでも多くのきづきや学びを得るとともに、メンバー一人ひとりが地域を牽引しているリーダーであるという自覚を持っていただきます。JC運動発信委員会では、対外広報誌「若い力」を活用するだけでなく、新たな広報ツールを模索しながら、組織の将来につながる戦略的かつ継続的広報を行います。また、対外事業実施時においては、神戸JCブランドを発信する最大のチャンスとして捉え、市民の皆様に神戸JCの運動への理解を深めるよう取り組みます。さらに、各委員会の雄姿を発信し、失敗を恐れず果敢に新たな挑戦を行います。
 
 会員・広報室では、神戸JCの先輩諸氏が脈々と受け継いでこられた知恵と伝統を受け継ぐとともに、「すぐにやる」・「必ずやる」・「最後までやる」気概と覚悟を持って、常に出来る理由を考え、意識改革に挑みます。我々青年は、仲間と力を合わせながら自分たちの行動改革を実践します。そして、ともに未来が変わっていることを実感出来る環境を生み出し発信することで、多くの新たなつながりを構築します。常に「可能性」は「今」ここにしかないのだから。すべては、未来を生きる人のために。

閉じる