室方針

会員室長
小西 毅

 神戸青年会議所は、60年にわたって先輩諸氏から創始の想いを受け継ぎ、神戸のまちを明るい豊かな社会とするために、様々な運動を展開してきました。また、それらの運動をとおして、メンバーたちは多くの発展と成長の機会を得てきました。そして、時代に即した新たな運動に挑戦する神戸JCにおいては、より多くの志の高い人財を増やし、メンバーが青年経済人としてより成長する必要があります。

 会員拡大特別委員会は、本年度もメンバー全員に対して当事者意識をもって会員拡大を日々おこなうことの重要性を周知し、現役メンバーだけでなく、先輩諸氏とも一緒にALL KOBE JAYCEESとして会員拡大活動をおこないます。また、過去の拡大手法から学びつつ新たな工夫をして会員獲得を目指します。仮入会期間においては、例会研修委員会と協力し、入会希望者がJC三信条である修練・奉仕・友情を体感し、神戸JCメンバーとなる動機付けをおこなうとともに、個々の資質を向上させることが出来るトレーニングプログラムを構築します。例会研修委員会は、例会担当委員会が情熱をもって例会を開催し、メンバーが能動的に参加して多くの学びを得られるように、例会を開催する趣旨や出席する義務の意味を周知し、礼儀礼節を重んじた規律正しい例会運営をおこないます。また、青年経済人にとって有意義な研修プログラムをメンバーに周知し、積極的に受講してもらうことで、研修で得たスキルや経験を身につけたメンバーを増やし、組織を成長させ、ひいては地域経済の発展に寄与します。

 会員室は、会員拡大と例会・研修という神戸JCの根幹にかかわる重要な職務を担っているという責任を自覚し、変化する時代に即した組織となるために、メンバー各人が主役として変革を恐れることなく挑戦し続けます。そして、多様な人財を新たに獲得し、全てのメンバーが青年経済人として成長することで、次代の神戸JCの礎を築きます。

メンバー一覧はこちら

– Contents -ピックアップコンテンツ

  • 委員会紹介
  • 新入会員募集
  • 公式LINE