室方針

渉外広報室長
松田 英治

 神戸青年会議所は、昨年60周年を迎え人間で言う還暦を迎えました。そして、本年新しい暦を刻み始めます。神戸JCメンバーは先輩諸氏への感謝の気持ちを忘れず、誇りをもち、青年らしい創造的な運動を展開しなくてはなりません。また、変革を恐れずその運動を展開するためには、根幹を担う執行部を支え、その情報を記録し組織の内外へ戦略的に発信し神戸JCブランドを向上させる必要があります。

 渉外委員会は、他LOM・関係諸団体の方と顔を合わせる機会が多く、その一挙手一投足が神戸JCの印象を決めてしまうと言っても過言ではありません。委員会メンバー一人ひとりが地に足のついたJAYCEEであることを意識し、凛とした姿で執行部の運動をサポートします。そして、担当例会ではメンバーを支える家族との絆をより深める機会を設け、参加した家族の思い出に残る例会とします。JC運動発信委員会は、在神企業、関係諸団体と連携し多くの神戸市民に、神戸JCの運動がより効果的に伝播されるように、時代に即した発信方法を調査、研究します。そして、新年互礼会では我々の運動の根幹である理事長基本方針を先輩諸氏・他LOM・関係諸団体に対して効果的に発信し、相互理解を深め、新たな運動の礎となるものにします。また、対外広報誌「若い力」では紙面としてのメリットを最大限に活かし、神戸のまちの魅力をしっかりと検証、理解した上で、戦略的な神戸JCの広報ツールとなるようにします。

 渉外広報室は、室を超えた協力体制を整え、各委員会が執りおこなう事業に敬意を払い能動的に参加します。そして、神戸JCの存在意義と地域に貢献することができる組織であるという自信と誇りを様々な活動を通じて感じ取り、メンバー一人ひとりにとって有意義な一年とします。また、個人としても成長し、一人の青年経済人としての質を高め、未来の神戸のまちの発展に寄与できる人材となるべく邁進します。

メンバー一覧はこちら

– Contents -ピックアップコンテンツ

  • 委員会紹介
  • 新入会員募集
  • 公式LINE